不安を解消

痛い包茎治療が不安ならカウンセリングで相談

治療中は麻酔が使われる

包茎の悩みを解消するには、包茎治療が効果的です。
とはいえ、メスを使う手術となるとやはり痛いのではないかと心配している人もいるのではないでしょうか。
包茎治療では、切開を伴うものもありますが、治療の際には麻酔をしますので、痛いと感じる心配はほとんどないといえます。
それでも、麻酔注射の痛みでさえ苦手という人も少なくありません。
治療中は麻酔が効いているので痛みを感じなくても、麻酔が切れたときはやはり痛いのではないかと心配する人もいます。
包茎治療は、できるだけ不安を解消してから行うことが理想です。
各クリニックでは、治療前のカウンセリングが用意されていますので、まずはカウンセリングで悩みを相談し、治療方法や痛みへの対応などもしっかりと確認しておきましょう。
包茎治療を提供するクリニックは多くありますが、カウンセリングは無料で対応してくれるところが多くなっています。
ひとつのクリニックだけでは不安を解消できない人は、複数のクリニックのカウンセリングを利用してみるのも良いでしょう。

最新の治療を提供するクリニック

包茎治療にも、様々な方法があります。
最新の治療ではより体への負担や痛みを抑えた治療を提供していますので、新しい治療に対応できるクリニックを見つけておくことも大事です。
カウンセリングの際には、痛いのが苦手であることはきちんと伝えておきましょう。
麻酔注射が痛いという心配もありますが、注射を打つ前に表面麻酔をすることで針を刺すときの痛みを抑えることもできます。
注射針も細いものを使うことで、より痛みを抑えることにつながります。
麻酔が切れたときの痛みへの対処方法については、包茎治療のあとは痛み止めも処方されますので、まずはそれで対処しましょう。
治療後はまったく痛みがないというわけではないものの、日常生活ができないほどではないといわれています。
今まで、包皮に覆われていた部分が露出することで、痛みを感じやすくなる可能性もあります。
アフターケアをきちんとすることも、包茎手術後の痛みの緩和に役立ちますので、正しいケア方法も知っておきたいところです。

まとめ

包茎の悩みを解消するために、包茎手術を検討しているものの、手術は痛いのではないかとは不安を感じる人もいます。
包茎治療中は麻酔が使われるので、手術中に強い痛みが出る心配はありません。
カウンセリングでは、様々な悩みの相談に応じてくれます。
麻酔の際の痛みや、麻酔が切れたときの痛みを改善する方法についてもよく確認しておきましょう。
最新の治療を選ぶことも、痛みの緩和につながりますので、各クリニックで提供されている治療方法も比較しておきましょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。